トップ

自動車を運転するなら

自動車運転免許の取得なら

自動車免許の教習所にも

自動車を運転するためには、それぞれの車両に合わせた国家資格である運転免許の取得が必要です。一般的には教習所へ通い、カリキュラムをこなして技能と学科の試験に合格することで取得できます。しかし、この教習所にも指定されているか否かにより二つの種類があることを覚えておく必要があります。指定となっているところでは、道路交通法令の定める基準に適合している施設を各都道府県の公安委員会が指定したもので、ここの卒業者には運転免許試験のうち技能試験免除の特典があります。まったくの免除ではなく、指定施設において技能試験を受けることです。つまり、指定施設ではなければ各都道府県の自動車免許センターにおいて技能試験を受けなければなりません。

車の教習所の選び方について

若者の車離れという言葉が都市部で言われて久しいですが、カーシェアリングなど、クルマの持ち方が多様化している一方で、自動車の運転免許が社会で就業するうえでも役に立つ資格であることに変わりありません。都市部で生活すると、鉄道やバスなどの公共交通網が充実しているため、自動車の必要性が少ないこともありますが、地域によっては車が生活に不可欠な場合もあります。また、社会人になってから仕事で運転をすることもありますが、運転免許を取得するためには、勉強と実技で、まとまった時間が必要になります。必要になってから慌てても、免許取得には最低でも数カ月がかかるので、時間があるうちに教習所に行くことが大切です。自宅や勤務先など、運転する予定の車がある場合、教習の車種を教習所選びのポイントにすると有効です。

↑PAGE TOP